県外でも取れる?免許の取り方

県外の自動車教習所を使う選択肢はあり

県外で免許を取れるかどうか気になる人は多いと思います。事実的には、自動車教習所の受講は県外で可能ですが、自動車免許を取りに行くのは住民票がある都道府県だと定められています。そのため、大学へ行くために下宿をしている人は、住民票を移していない限りは下宿先の県で免許を取ることはできないといえます。しかしながら、自動車教習所は事実上どの県でも受講可能であり、合宿免許などを活用する人は多いです。合宿免許とは、地方の教習所の短期カリキュラムで合宿しながら、自動車の運転の仕方を学ぶことをいいます。合宿免許では、全国の人と交流することができ、新鮮な環境で運転技術を学べます。それぞれの地方の景色も味わえるため、おススメな免許取得法です。

合宿免許で押さえておきたいこと

合宿免許はおススメなのですが、少し注意点もあります。それは、カリキュラムが緊密になっていて、自動車運転の素質があまりない人にとっては、厳しいスケジュールであることです。特に、マニュアル車は複数の動作を同時に行うマルチタスクな動作であり、難しい点が多いといえます。また、マニュアル車は坂道発進などで特殊な動作が必要となり、車の運転を覚えるほかに体で慣れる要素が多いです。そのため、マニュアル車に乗りたい人でも、まずはオートマチック車で免許を取り、後で限定解除をしてマニュアル車も乗れる免許を取ると良いでしょう。合宿免許はスケジュールが短期集中なため、脱落しないために自分の運転の素質と相談すべきだといえます。